フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしい悪魔

はい。


テーマが『好きな本』のときは、ウザいほど語るだけ

の記事ですよ~!!!!



『暇つぶしに読んでやるか』という心の広い方だけ

どうぞ~♪←























タイトルの『やさしい悪魔』は、川口まどかさんの漫画。


このおはなしを知ったのは、雑誌(ボ○ータとか?)を

友達に借りて、その頃は一話完結の形の作品形式で。


ああ~、タイトル・・・・!!!!


なんか『しあわせなねこ』とか、そういうカンジ・・・・!!!


かいつまんでのこのお話、まず基本の前提で、


一生に一度しか会えず、願いに応じた金貨が必要だが、

必ず人間の願いを叶えてくれる『やさしい悪魔』。

彼のもとに、なんらかの願いを持つ人間たちがやってくる。。。


で、このお初に読んだ『しあわせなねこ』


通学電車で、気になる男の子がいる女の子。

知っているのは、彼が名門学校の生徒で猫好きだということ。

その男の子のねこが家出してしまった、ときいて、女の子は

やさしい悪魔の元を訪れます。


願いは、好きな時に好きなだけ、可愛い子猫になること。


ここでね、この女の子が、やさしい悪魔に


『だって、家出した猫が帰ってきたら譲ってあげなきゃ

 いけないでしょう?』


って言う場面があって。


そして、願いはかなえてもらえて、彼女は子猫に変身できる

アイテムを手にいれるんだけど。


家出したねこは、猫ではなくて。


彼がもっと無力だった少年時代からの、せつない想いや

たぶん、いとしさの結晶だったひとで。


子猫の姿で、全部を知った彼女は、、、、



というような話だったんですけどね。←



当時、小学生だったわたしは泣きましたよぼろっぼろに。←

今でも多分、いや絶対泣くな。。。←


そこから、この『川口ワールド』にどっぷりハマり、今は


『死と彼女とぼく』シリーズでまたぼろぼろ泣いてます☆←


なんかね、完全なハッピーエンドじゃないし、ひとつひとつの

話の主人公たちはこれからもっとがんばんなきゃいけない、

っていう終わり方が当時はすごく衝撃で(苦笑)


漫画も、小説も。

『ほんとうにあったこと』や、『ありそうなこと』で描いてるって

いう、その無限の可能性に胸躍らせた子供時代のわたし。。。


この『やさしい悪魔』シリーズもそうだし、『死と彼女とぼく』シリーズも

ひとつひとつ独立したお話なのに全部がつながっている。

当時の時代背景だとか、なにがニュースになってたとか。

いろいろわかる描き方をしている漫画家さんです。


長編は苦手。。。というかたは、是非『海の砂漠』を!!!

超オススメです!!!!!!



あれ?

なんかすごい自己満足な記事だね???←今更・爆









関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。