フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはなし・3

・・・・コレほんと自己満足記事だから、要注意、だヨ?←

全員退避ー!!!!




























こどもは、樫の樹の言ったとおり、お日様の沈むほうへずんずん

歩いて行きました。


その途中で、自分よりもっともっと小さい、泣いている女の子が

いたので、こどもは小さい女の子を抱っこして、ゆらゆらとゆりかご

になった気持ちで唄ってあげました。


『泣いてる小さな女の子。大丈夫、もう大丈夫。涙が笑顔に変わる

 まで、ずっとわたしが抱いててあげる。

 もし、また涙が流れたら、わたしはもいちど抱きしめて、あなたを

 笑顔にしてあげる』


こどもの唄をきき、ゆらゆら抱っこされた小さな女の子は、すっかり

笑顔になって


「ありがとう」


とこどもに言ってくれました。

小さな女の子の後ろ姿を見送ったこどもは、ちょっぴり嬉しくなって

またずんずん歩いて行きました。



夜の町についたこどもの前に、大勢の男たちにひどい乱暴をされていた

少女がいました。

こどもは、今までに身に付けた知恵を使って男たちを追い払い、少女を

抱きしめて泣いてあげました。


『なんて怖い目にあったんだろう。どんなに哀しくて苦しかっただろう。

 あなたの背負うものが、少しでも、少しでも軽くなるように、わたしは

 あなたを抱きしめて、あなたのために涙を流す。

 どうか、どうか、もう二度と。

 こんなことが起こる世界などありませんように』


あまりのことにこころをなくしていたような少女は、こどもに抱きしめら

れてがくがくと震え、喉が裂けるような叫び声をあげて泣きました。

こどもは、少女が落ち着くまで、ずっとずっと抱きしめ続けていました。


涙を流すだけ流してこどもにずっと抱きしめてもらった少女は、ちいさな

ほほえみをすこしだけ浮かべ、こどもに


「ありがとうございます」


と言ってくれました。


朝陽が昇るほうへ歩いて行った少女を見送ったこどもは、こころから

あの少女のしあわせを祈り、またずんずん歩いて行きました。









需要が0だとしても、続く。。。←







関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。