フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いつくままに

んー。。。


ここ2日3日、たくさんの人と接する機会がありまして。


わたしは、行動を起こすのは早い(動くぞ!までには時間かかる

けど・苦笑)のですが、その『起こした行動』から自分なりの結果や

収穫を実感とか掴んだ!と思うまで、非常に時間がかかります。


だってさあ、例えばぜんぜん知らない人と会って、数時間一緒に

いたとして。

その『数時間』だけで『その人』を丸々理解するのは不可能だし。

第一印象は好感度高かったとしても、、言葉を交わしてたら

『あれ?』となにか人物像にブレがでてきたり。


それが、当たり前で普通なんですけど、『ひとつ』とか『ひとり』の

ことだって、100%は理解なんかできない。

自分のことすら全部わかってるってことはないと思うのです。


でもね。

なんていうんだろう、『しあわせになる方法』っていうもの。

それは絶対あって。

それは、ゲームとかでこうすれば経験値が上がる、レベルアップ

できる、目指すエンディングに辿りつける。

そういうモノと、似ている気がするのです。

(最近例えば、の、たられば話が多くてすみません。。。←)


んで、脱線気味のこの記事を本題に戻しますが!!!←


わたしにとって、(動くまでに時間かかるけど)行動を起こすのは

早い、というのは、


自分の可能性を広げる・知らない場所から刺激を受ける

経験値を上げる・新たな『自分』を開拓する


ための、ファーストステップで。


結果や収穫を掴むまでに熟成させるほど時間をかける、

というのがまたいい加減に思えるかもしれませんが(苦笑)

自分が掴もう、としているモノには『ひかり』とか『やさしさ』

とか、『希望』とかそういうものの『におい』がするか?っていう

勘をフル稼働させるからです。


それは、ゲームのコマンドで『進む』とか『戦う』とかを選択

する感覚なのかな???


ちなみに、実際のゲーム(RPG系とか特に)では、真剣にやる

とエライ時間かかるのでわたしは苦手です(爆)


まあ、でも自分の生きている時間である『人生』を、できること

なら豊かにしたいし、心地よく、いとしいひかりに満ちたものに

したい。

それはほんとにそう思うので、必要なもの、不必要なもの、と

いうのは残酷かもしらんけどばっさりわけて。

一番たいせつなものを自分のてのひらで包めているのならば、

とりあえずOKにして。

そこに余裕みたいなそんなちからがあれば、自分にできる範囲

でなにをしたらいいのか考える。

逆に、余裕がなくて切羽詰まってもうこどもみたいに泣きじゃくって

逃げたい!ってときでも。


大丈夫、わたしのてのひらは、たいせつなものをきちんと持っている。



それを支えにして乗り切る。


なんかね、そうやって時間を過ごしていくと、なんかこう、ルール、

とか法則みたいなの、わかってくる。

自分も心からの楽しい笑顔で。

まわりの人も。心からの輝く笑顔になってくれる。

そういうルール・法則的なものがわかってきます。

なんか

「具体的にそれってなんなの!?」

と問われたら、うまく言葉にできないところがアレですが。。。←


ちっちゃいことでも、続けてると『なんか良いカンジ』ってこと。

それって、すごい基本のそれこそ当たり前のことで。


きちんと目を見て、できれば微笑んで挨拶するとか。

なにかしてもらったら『ありがとう』って言うとか。

ちいさい、無力ないのちや、コトバを発せない弱い立場のもの

を愛おしむとかさ。


当たり前のことを当たり前にしてればとりあえずなんか

しあわせになります。←

わたしもそれに気づくまでずいぶんとかかったけれども!!!←



うーむ、なんかイミフな記事になってしまいましたネ☆


いつもこんなもんか!!!








関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。