フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

此処から 消えたい

ぬっはい、こんばんはっ☆

なんだかビミョーなテンションになってるわたくしですが、皆さまいかが
お過ごしでしょうか???


ええとね、なんか不穏なタイトルだけど。

『此処から消えてしまいたい』って、思う。それはさ。
帰る場所や、離れることなんかあんまり考えたこともないひとたちが、いる。
だから、思えることなんだよ、ってね。
そういうことで、書いている記事です。



帰る場所も、関わっているひとたちもいないのならば。
消える、んじゃあなくて、移動するってことになるんだよね。
旅に出ます、も、遊びに行ってくるね、も。

『帰る場所』があるからの、意識で。

行ってきます、って言えること。
ただいま、ってホッとできること。
おそとに出て、家の中とは違う空気を吸って、違う人たちと喋って自分の
なかを循環させるようなこと。

それはさ、当たり前みたいにあることなのかもしれないけれど。

絶対に、当たり前のことなんかじゃない。

帰るべき、還るべきところがあるわたしは、きっとずいぶん贅沢な幸せに
慣れてしまっていて。
コトバを交わして、ココロを交わして、オモイを交わして、そんなとても
素敵な奇跡みたいなことを『当たり前』の引き出しの中に入れちゃってたね。

此処から、消えてしまいたい。
そう思うことが、思えることが、実は恵まれたことだった、ってさ。
わたしは、今、気付いたよ。


・・・・昔のわたしは。
酒乱気味?の父が、機嫌わるいときがものすごく怖くて嫌で。
コドモだからこそ、ツヨいチカラとコトバで、オトナ(父)のサンドバック
にされてるってのがわかってて。
10代も半ばくらいになると、もうね、『死ね、と言ったアイツ(父)の目の
前で、自分の喉と腹、包丁で掻っ捌いて死んでやろうか』とかね、物騒なこと
も考えたりしたけれど。
・・・・ん~、正直、その欲望はゼロにはなってもいないけれど(爆)

でもね。
自分より、絶対的に弱くて、庇護されないと生きていけないようなモノに、
自分の鬱屈ぶつけてくるようなヤツのために、なんで死ななあかんの?とか。
そういうことを考えられるくらいには、なった(苦笑)

わたしは相当根深い怨みを持続させる部分があってさ(←)今も、当時のこと
思い出しただけでめらめら黒くて昏い炎が湧き上がってくるってあるけど。
・・・・幼いわたしは、それを『どうやって思い知らせてやろう』にベクトル
向けてたんだけど。
一応、大人になった今のわたしは、『絶対に、わたしを傷つけたやつらよりも
ぶっちぎりで幸せになってやる!』って方向に進んでまス☆←

なんかねえ、傷つけられたから、痛かったから、同じことを相手にもやって
やる、って方法だと、最終的に誰も笑えないんだよね。
幸せな、満ち足りた笑顔で、笑えないの。

ならさあ、とっとと『いちぬーけたっ!』って宣言して、自分がこころから
笑える、そんな方法とか場所探したほうが。
カシコイよね???(笑)
しかも、自分も幸せな気持ちで笑顔になれて、自分のたいせつなひとたちも
きらきらの笑顔になってくれたらさ。
もう、それって絶対に『正解です!』ってゴールに向かう道を進んでるって
思うのです。

わたしには。
帰る場所がある。
深く、関わってくれているひとたちがいる。
だからこそ、消えたいとかも思うし、思えるけれど。
消えないよ。

わたしは、幸せになる、って選んで、決めてるからさ!
一度決めたこと、ひるがえすってカッコ悪いって思って、しかも見栄っ張り
だからさ!!!(爆)

だから、一度『幸せになる』って決めたから。
時々ルートから逸れそうにもなるけれど、踏ん張って軌道修正して決めた
ことはやり遂げます☆

わたしのルールに、わたしはきちんと従いなさいよ。


ふんがあああああああああ!!!!!!!

寝ます☆

ここまで読んでくれてありがとう♪
おやすみなさい、良い夢を。
あいしているよ。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR