フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

約束どおり

帰って来たよ。

じゃあ、昨日した約束どおり、むかしばなしをしようか。


・・・・ぅはい。

テーマがね?『内面世界』でしょ?
んでもって、昨夜から引っ張ってるこの流れでしょ?

賢明なそこのあなた!!!
イヤな予感がしたら華麗にターンして回避~!!!!!!!←

























やあ。
これでも、急いで帰って来たんだけれど。
・・・・ひさしぶりだね。

そんな、虚ろにぎらついた目をして。
怪我してる野良猫みたいだね、『わたし』。

毎日。
眠るときに、『世界が終わればいい』と願ったね。
目覚めなど、こなければいいと。
明日、という時間なんかいらない、と。
世界を、自分を呪うように生きていたね。

生きている、ということ、世界に存在しているということが、もうどうしようも
なく辛くて。
11歳の頃から、睡眠導入剤を服用しなければ眠れないような『自分』が
自分で辛くて憎くて。

その時の年齢から言えば、『成人』はしていて、法律的にはオトナだったけれど。
二十歳を過ぎたから『大人』になれるわけじゃない。
歳をとっても精神的に成長できない人がいるのと同じさ。

まあ、そんなときの、わたし。
いろんなひとに、『貴女はとっても素敵な良い子。望まれて産まれてきた、奇跡
のように素晴らしい存在なんだよ』ってさ、言ってもらっても。

『わたしがほんとうに、望まれて産まれてきた素敵な素晴らしい存在なら。
 なんで、今わたしはこんなにくるしいの!?
 なんで、生きているだけでこんなにつらいおもいをするの。
 全部、うまくいかないことだらけ。わたしをほんとうに必要としてくれる
 ひとなんて、ひとりもいない。
 自由になるためにはお金や、社会的な地位や、その他の色々なものが
 必要で、わたしはわたしなりに頑張ってそういうのを手に入れようとして
 るけど、なにも、なにも手になんか入らないよ。
 コトバだけで、素敵だよ、とか可愛いよ、とかいくらでも言える。
 でも、それが本当なんかじゃ絶対にない。
 だって、素敵ないい子ってわたしが本当の姿なら、なんで世界は、他人は、
 こんなにわたしに厳しいものなの???』

コレを言うとさ、大抵のオトナは言葉に詰まってしどろもどろになったけれど。
わたしが、今もたいせつでだいすきに想っている、あのひとだけは、言葉を
くれたね。

『私は、貴女に教えてあげる。
 貴女が素敵な、素晴らしい奇跡のように尊い存在だ、というのはね。
 貴女が、きちんと生きているからよ。
 苦しくて、つらくて、憎くて、笑顔で過ごしているダレカが妬ましい、って。
 そう思っても、貴女はダレカを傷つけない。
 傷つけるのは・・・・これも、悲しいことなのだけれど、自分を傷つけるでしょう。

 コトバで、行動で、想いで、貴女は自分を傷つけてしまうけれど。
 見守ってくれるダレカ、笑顔で楽しそうに過ごしているように見えるダレカ、 
 貴女の欲しいモノをすべて持っているように見えるダレカに。

 貴女は、拳をふりあげる?殴りつける、蹴りつけるような悪意をぶつける?
 そのダレカを、陥れるようなコトバを口にする?

 貴女は、それをしていない。そして、これからもしないのでしょう。
 それは、貴女が生きるということを知っているから。
 長い、人生という旅路の中の、とても険しく苦しい道。イマ、それを
 歩いていることを、貴女のどこかが知っているから。

 だから、私は貴女に教えてあげる。
 貴女は、本当に素敵なものよ。本当に、素晴らしい、奇跡のような存在よ。
 この苦しく険しい道を、生まれて初めて歩いていても、その道がまだ知らない
 美しい景色の、やわらかなあおい下草が足を包み込んでくれる、歩き進むのが
 もったいないとおもうほどに楽しく嬉しく愛しい道に続くことを。

 貴女は、知っている。わかっているんでしょう。

 だから、貴女は自分以外を積極的に傷つけようとしない。
 そして、イマは自分のことを粗末に扱ってしまっているけれど、本当の
 意味で、貴女は自分を裏切らない。

 それだけ、おぼえていて。
 これだけは、おぼえていて。
 貴女の苦しみや悲しみ、切なさは貴女だけのものだけれど。
 どんなときだって、貴女のまわりには、貴女の背負うものを分けてほしい、
 と願う人がいる。
 そしてね、どんなにつらい時間もどんなに自分を消してしまいたいくらい
 この暗闇がずっと永遠に続くんじゃないかと思う時間も。
 永遠になんて、続かないわ。
 だって、ヒトには、貴女には。
 しあわせになる、権利と義務があるんですもの』

・・・・う~ん。
この言葉をもらってさえ、わたしは『でも』を繰り返していたね。
でも、イマがこんなにつらいのに。
でも、自分で自分がどうなりたいのか、どうしたいのかもわからないのに。
でも、そんなに素敵な未来が待っているかどうかなんてわからないのに。
あの時の『でも』を数えればキリがない(苦笑)

それでも、ゆっくり、教えてくれた。
声を荒げず、必要以上に干渉もせず。
ただ、ゆっくり、『これはほんとうのことなのよ』と。
繰り返し、何度でも、わたしのからっぽのアタマに沁みとおる根気強さで。

『チカラがないのに、それ以上の責任を負うことはいけない』
『暗闇の時間の中にいるとき、それが永遠に続くと思ってしまうけれど。
 永遠に続く暗闇はない』
『たすけて!と声をあげることは、決して恥ずかしいことじゃない』
『ヒトを見極めることはたいせつだけれど、疑って信じられなくなるくらいなら
 疑わずに信じなさい』

なにより。
愛して、信じて、もし傷ついても。
それは、誇りになる傷なのだから。
愛して、信じて、傷つけるより、愛して、信じて、傷つくものになりなさい。

一度にたくさんのことをすべて完璧にこなすなんて、はじめからは無理
なのだから。
できることから、ひとつずつ、やっていきなさい。

食事もまともに摂らずに、いつもどこかに怪我してて、虚ろなのにぎらぎら
した目をしていた、あの頃の『わたし』。
ずいぶん経ってから、『警戒心の強い、手負いの野良猫みたいだった』って
笑い話に交えて言ってくれた。

ねえ、ただ、髪を撫でてもらえること。
やさしいことばを、まなざしをむけてもらえること。
それが、どんなに、どんなに嬉しいことなのか、わたしは今でもわかってる。

だから、イマのわたしは、あの頃の『わたし』のように、まだ歩き慣れていない
道でいきなり難所に差し掛かっているかつての『わたし』を。
今度は、助けられるような、そんなものになりたい。
あなたは、あなたで、とても素晴らしい存在なんだよ、って。
うまくない言葉だけれど、不器用な想いだけれど。
少しでも、伝えていければいいなあ、って思ってるよ。
そのひとそのひとで、抱えている背負っているつらさやくるしさやかなしさは
違うけれどさ。
それの、何種類かはきっと知っていて、わからないカタチでも『それら』を
持っていることがどんなに重いモノなのか、わたしはわかろうと思うから。

うん。
本当に、ずいぶんと長いはなしになってしまったね。

ここまで読んでくれてありがとう。

わたしは『あなた』をあいしているよ。

ありがとう。

ありがとう。『あなた』が生きていてくれて。
とても、とても、嬉しいよ。


あいしているよ。

おやすみ。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

1. 無題 

…また泣かされちゃいました。
  • posted by るーみ 
  • URL 
  • 2011.05/07 10:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

2. Re:無題 

>るーみさん

読んでくださってあちがとうございます☆
少しでも、なにかが届いたのならとても嬉しいです。

ありがとうございます^^

  • posted by フツーのタロット占い師☆しおる☆ 
  • URL 
  • 2011.05/07 14:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

3. 無題 

とても感動しました(;o;)
自分の中に
きっちり残したい
お話でした!
  • posted by mana 
  • URL 
  • 2011.05/13 11:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

4. Re:無題 

>manaさん

わあ♪
読んでくださってどうもありがとうございます^^

なにかが、manaさんに届いたのだとしたらとっても嬉しいです☆
  • posted by フツーのタロット占い師☆しおる☆ 
  • URL 
  • 2011.05/13 15:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR