フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

きっと、生きるということは

わたしたち人間は。

・・・・んーにゃ。


『わたし』という『モノ』は。

きっと、真っ暗な闇の中を、手探りで歩いている。

生きる、ということは、多分そういうこと。


暗闇を、手探りで歩いているから。

どんなに素敵な宝物があっても、気づけない。

触れば傷つくと見ればわかるものでも、ミえないから。

触れてしまって、傷つけたり傷ついたりする。


コトバというものは。

もとは、原初の人間が、自分が属する集団を区別

するための鳴き声や、なにかそういったものからの

始まりなんだって。


火を熾すことも、できないヒトの祖先。

それでも彼らはきっと、ふれあうことの意味や重要性を

イマのニンゲンよりずっと知っていただろう。


太陽や、月や星。樹齢を重ねた大木に、野の獣。

すべてに『神』が宿っていた。

ヒトのチカラが到底及ばぬものが、当たり前にたくさんあった。


イマ。

ヒトは、遥か宇宙まで衛星をとばし。

ボタンを押す指先ひとつでこの惑星を滅ぼすチカラも手に入れ。

快適に、清潔な住居。『生きて』いたという意識の薄い、加工された

食材。

都市部のヨルに、静謐な闇はない。


闇が、ヤミになって、イマのヒトを蝕んでいるのかな、と、たまに。

そんなことを思う。


だけど。

タイセツなモノの笑顔とか。

窮屈に、だけど逞しく生きている動植物の無垢に。

こころを交わす、その想いに。

ちいさきものの稚さに。


ヒトは、やっぱり感謝するんだね。

いとしい、と。

そうおもうんだね。


きっとだれもがそれぞれに。

譲れない大切な願いとか想いとか目標とか。

そういうものを、持ってるんだろう。


争いには双方の『正義』があって。

だけどそれも一皮むけば、いやあの『暗闇』に戻れば。

触れた時には『同じ』だってわかる。


あーあ。。。。

こんな夜は、久々できっついなあ。。。


んでも、わたしの『普通』の『感覚』、その源がこうなんだから

しょーがないよねえ。。。


祈りでは。

願うことだけでは。

なにも変えられないかもしれない。


だけど、祈るよ。

わたしは願う。


あたたかい、やさしくてやわらかいすてきなものが。

世界中のひとに、ふりそそぐことを。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR