フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

おいで?

うん?


・・・・どうしたの、そんな途方に暮れた顔して。


ほら、おいで。

ここにお座り。

いま、あたたかい飲み物をあげようね。



・・・・泣いて、いいよ。



うん?

どうしてわかったのか、って?


鏡を見るかい?

そんな、必死に耐えて、こらえてる『哀しみ』、わたしはもうずいぶん

長いことつきあっているから。


・・・・ふふ、わたしはね、もうそんなに簡単には泣けなくなってしまった。

まあ、ただ単に見栄っ張りなんだろうねえ。


でもね、『大人』になると、そう簡単に弱くはなれないのさ。

これは飽くまでもわたしのことだけど。


ねえ、『わたし』?

制御しきれない感情に付随する、様々な内外面の事象。

それに、生きることのひかりも見出せなかったとき。

『わたし』のそばには、いつもやさしいあのひとたちがいてくれたね。


Hさん。

呼吸するように、ひとを深く愛する、素敵な女性。

わたしの春の妃は、いまでもHさんだけ。

そして、もうひと組の、わたしの両親。姉さま。

はじめての、たいせつな親友。

ふふ、ねえ皆Sがつく名だって気づいてた?

だからかな、わたしもSがつく名を名乗ってる。


ねえ、今でもわたしのそばに、やさしいひとたちはいるけれど。


『あのひとたち』は、ひどいことだよ、わたしを置いていってしまったよ。


ヒトはね。

きっと、オトナになるほどさびしくて。

でも、もうコドモのように『そばにいて』なんて叫べないから。

だから、きっと、特別な『だれか』を探したり。

大勢の『群れ』に属したり。

独りになりたくないから、大勢の中の一人になるんだ。


わたし?


・・・・う~ん、どうかなあ?


関わりあい、触れ合って、頼りにされたり愛されたりしても。

自分以外の『だれか』・・・・正直に言えば、わたしの『月』以外を。

わたしはまだ、受け入れられずにいるよ。


どんなに、愛を、称賛を、賛美を向けられても。


『月』以外のそれらに、どうしてもこころが動かない、わたしがいるよ。


まあ、だけど年齢を重ねた分さ。

上手な傷の隠し方も、相手の耳に心地よい話し方も、いろいろ覚えて。

自分の内の『異質』な部分を、気取らせないくらいには成長したよ。


ふふ、だからね。

いまのわたしは、泣けないから。


代わりに、代わりにさ。


泣いてくれる?

『わたし』。



うん。

それなら、わたしはずっと髪を撫でて、ちいさなキスを贈るよ。


あのキスを、おぼえてる?


だから、キスを。


キスを、贈るよ。





関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR