フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

ポイボスの名のもとに。

闇のなか。


一条のひかりも見出せず。


迷って、もうずっと永遠にこの夜は、闇は明けないのではないかと。


閉じられた『世界』で、なんの変化も求めずに。

『繰り返す』ということに安心するなら。


それが、『理』(ことわり)だと信じているのなら。


いいよ。

そのままで。


違う世界があると。

可能性も、掴めるものだと。


知っているのに動かないなら。


そのままでいなさいよ。


『やさしい世界』なんて、幻想かもしれない。

特に、疲れ果てて、もう一歩も動けないほどに疲弊したこころでは。


なぜ、立ち止まり、眠りに就くということがいけないのか、と。

逃げだ、と。

卑怯だと。


言われて更に傷つくけれど。


幻想だけを、追って生きてはいけないけど。

生きることの中に幻想がないのも、ココロが褪せる。


陰陽、すべてで『世界』。


いつも、強気で笑ってるひとなんて、いないさ。


すべてが順風満帆に見えてたってさ。

金銭的にも、精神的にも、人脈も恵まれてるように見えたってさ。


はじめから、この手に掴んでいたものは、どれほどのものだったろう。



だからといって、弱さを否定はしない。

助けを求められず、自分を責め、誰かを責め、世界を、神のようなものを

責めて。

ひとりで、閉じた輪の中、彷徨うことも、大切だよ。


言葉であらわすと、薄っぺらく感じるかもしれないけれど。

ヒトのココロは、コトバを使って伝えるモノで。


言葉。言の葉。


言霊。



固く、自分の世界の扉を閉ざしていたね。


だけど、一度。

たった一度でも。


向けられる笑顔を、ひかりを、愛を。

笑顔と、ひかりのような愛を。


誰かに、向けたいと。向けられたいと。

一度、思ったら。


世界が、まるで違うものになる。


悪魔に魂売ってでも、手に入れたい。

自分がどうなっても、守りたい。


相反するように見えて、同じじゃない?


深く、静かな場所にしまってある『傷』は。

見せびらかして『わたし可哀想でしょ同情して』って。

そんなことできるもんじゃない。


自分で、見つめなおして。

決別するためとか、教訓にするためとか。


カッコ悪くて、情けなくて、殴りたくなるほど愚かな。


愛しい過去の『自分』。


抱きしめるからこそ、強くなれる。前に進める。


弱さを、いたみを、誤魔化したりしないで。

受けた傷も、勝利に変える。


『輝ける者』(ポイボス)の名のもとに。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR