フツーのタロット占い師 しおるのへなちょこ部屋

茨城県、取手市。取手の駅から徒歩5分にある『タロットガーデン イシス』のへっぽこ占い師のブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにもしていない、という状態


ぬっはイ☆

毎年、この時期はどうっしても出張等の仕事が多くなり、イシスの営業日数が『あり得ん!』となっているのにも関わらず、毎回の営業日にはがっつりご予約をいただけるというミラクルに『!?』となるのもそうなんだけれども、もうなんかほんとうにありがたいなあ、感謝だなあ・・・・ということを噛みしめているへっぽこ占い師のしおるですこんばんは☆←

またまた暑さがぶり返してきたような今日に、わざわざイシスまでお越しくださる『あなた』にもこころからの感謝を!!!




さて、今回のタイトル『なにもしていない、という状態』ですが。

おいちゃんねえ、コレは厳密に考えてあり得ない、比喩的な表現だなあ、って思うのね???

だって、なんにもしてない、自分はなにもやるべきことすらできていない、ってあなたがもし、いるとしても。

あなたは、生きているでしょう?

生きてる、ってことは実はすごいことで。

呼吸をしている。
心臓が、その他の臓器もきちんと諸々機能して動いていて。
ごはんを食べて、その食べるものってのもじつはあなたが選んでいてさ。
眠ること、起きること、身体を動かすこと、喋ること。考えること。

ざっとこれだけでも『生きている』って状態に必要なことで。

毎日を生きているあなたが、『なんにもしていない』なんて、もうこれであり得ないと思うのね?

それは、最低限当たり前のことだろう!って思う人もいるかもしれません。

んじゃあ、最低限のその『当たり前』が、どんなにすごい奇跡なのか、その意味を知ってるのかな、って、おいちゃんは個人的にきいてみたいです(苦笑)
当たり前のことって、全然当たり前じゃないからねえ。。。

ええとねえ、おいちゃんは、今までの2億と3千とんで6万年の人生の中で(←ヲイ!爆)2回くらい、真面目に人間やめようかと思ったことがありまして。

1回目は、自分のチカラがわけわからんくて混乱してるとき。
どういう経緯か未だにわからんけれども、スカウト?してもらってコントロールの方法やその他諸々を教えてもらえるっていうラッキーに巡り合えたんだけれども。

その当時のわたしは、人間が多分、嫌いだった(苦笑)
んで、ニンゲンであるジブンもダイキライ!だった。

ので、自分がヒトであるということにものすごい違和感を感じてまして。

このまま、ずーっと、意志の疎通はできるけれどもわかりあえないヒトの群れの中で生きていくんなら、別に『未来』は要らないなあ、ってのがういういぴちぴちの(←)10代の頃に訪れまして。

2回目は、発病したとき。
20代の前半でおいちゃんは難病指定の病気だ、ってのが判明したんですが、その治療薬(根治はできないので緩和?回復治療って言うのかな?)がえっらい副作用を引き起こす薬でね、外見は激変するわ見た目は元気そうに見えるから理解はされづらいわ、倦怠感や疲労感や脱力感、発熱に諸々の疾患があったときはお年頃(←)だったせいもあって

こんなんで生きてる意味あるの?

って今思うとなまぬるい笑いを浮かべそうなことを当時は本気で思っていてね。

んで、この2つの『人間やめちゃいたいなあ』ってときにいっつもおいちゃんのアタマの中にあったのが

なにもしていない(なにもできない)

ってことでした。

だけどねえ、冒頭でも書いたけれども、厳密に『なにもしてない』なんてないんだよね。

まあ、あの当時のおいちゃんはどちらも拳握りしめてえり首ひっつかんで『歯ぁ食いしばれええええええ!!!』ってしたくなるのは変わらんけれども(笑)それでも、当時は当時なりの必死さで『生きてた』から。

自分は、なんにもできない。
なんにも、していないんだ。

・・・・そう思っちゃう気持ち、おいちゃんにもわかります。
ぶっちゃけイマでも、わたしは自分のあまりにもあんまりな情けなさっつーか不甲斐なさってか無力感に絶望しそうにもなります。

でも、頭っからどっぷりと、『なにもしていない、できていない』ってとこに囚われるのはもうないです。

うしなったもの、奪われたもの、かえらないもの。
それもあるけれどさ。

みつけたもの、与えられたもの、うまれるもの。
それが、わたしのてのひらの上に乗ってるって、知ってる。

もちろん、それらがどんなにたいせつなものなのかもわかっている。

・・・・けっこう、それって最強にしあわせなんじゃない?って、今のふてぶてしく成長したわたしは素直に思うのです。

んんんんと、よくさあ、ダレカ、を非難するコトバで

『あのひとはなにもしない!やるべきことすらやってない!』

ってあるでしょう?

それってね、実は、言ってる人が『自分』に対して言う言葉なんだって。

仕事上のこととか、そういうんじゃなくてね。

そういうことを言う人は、自分が『本当にやるべきこと(やらなければいけないこと)』を無意識に放棄していて、それを投影したダレカに自分を重ねて攻撃するんだって。

でもねえ、敢えておいちゃんは言いたいんですが。

あー、自分って、ほんっとなんにもしてないなあ・・・・なにも、できてないなあ。。。

って思うときは、チャンスだよ。

だって、そう思うってことは、今までのことはどんなカタチであれ、あなたの内で全部コンプリートできたから、今度は違うカタチのものをやってみない?レベルアップしない?ってサインでしょう。

現に!
こんなにもへっぽこなわたくしめですら、遅々とした歩みかもしれませんがなんとかよちよちよろよろ成長できてるんだから!!!←言いきったが、もしかしたら退化してんのかもと小一時間・爆

ええと、ズレましたが(いつものことw)もし、『なにもしてない』で苦しいおもいをしているあなたがいるのなら。

それは、あなたがまたレベルアップするためのチャンスだよ、って伝えたい。

んで、『なにもしてない』に囚われちゃって、アタマの中も真っ白空っぽ、ってあなたがいるならさ。

わたしは、あなたを、頑張ってるんだね、って思う。
できれば、もう頑張らないでいいです、って、もう充分だから、今度はあなたが優しくされたり労わられたりする番だよ、って。

伝えたい。

オモテからミてさ、ほんっとに意味のないことを繰り返して時間を無為に過ごしているように見える、ってもね。

そのひとの内側で、どれだけの想いが、どれだけのエネルギーが渦巻いているのかなんて、そのひと以外の誰にわかるんだろう。

ミえない戦いや、感じることのできない戦場をね、しっているひとはしっているだろうけれど。

そこに触れたことも、感じたことも、ましてや想像することすらしていない、もしくはできないひとが、そういう戦いをしているひとにオモテの判断を下すのは違うよなあ、って思うのです。

もちろん、そういうモノに触れられないヒトは、それはそれでベストだし、無理矢理『理解しろよ!』ってのは思わない。
イマは理解できなくても、生きている限りそれを越えられないってことはないし。

だけど、ちょびっとだけ、相手のことを思いやるってことをしてくれれば、どんなひとでもうまいことやっていけるんじゃないかなあって思うのです。

※特別なチカラを持つ人間を例に出しているわけではありません。
 人はオモテに出すことに特化しているタイプと、内で充分に熟成・発酵させるタイプがある、ってのを前提として考えてくだされば幸いです。
 付け加えるなら、『特別なチカラ』ってのもありません。が、わかりやすくするために敢えての表現です。


なにもしていない人間なんて、この世に実は存在しない。

生きているだけで、あなたが生きているだけで、喜んでくれるひとは必ずいる。

そして、あなたがいなくなった世界はもう同じ『世界』ではない。

ひとは本来、そういう存在としてこの世界に存在している。(全部おいちゃんの持論ですが!!!)

ここまで読んでくれて、ほんっとにありがとう!!!
いや~、支離滅裂、ってか、内容破綻にもほどがあるわ~。。。←

ありがとう。

ありがとう。

こころからの感謝を、あなたに。

ありがとう。

あいしているよ。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フツーのタロット占い師 しおる

Author:フツーのタロット占い師 しおる
まったり、取手で自店タロットガーデンイシスを営業しています。
ゆる~くぬる~く、けせらせら~♪がモットーです☆

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。